1. HOME
  2. ニュースリリース
  3. CBI学会:DefiniGEN社 Marcus Yeo氏が講演します

CBI学会:DefiniGEN社 Marcus Yeo氏が講演します

2018年10月9日(火)~11日(木)にタワーホール船堀 で開催される「CBI学会2018年大会」にて、
弊社が代理店を務めます英国DefiniGEN社からDr.Marcus Yeoが講演します。
 
日時/場所:
2018年10月9日(火)14:00~15:30 CBI学会2018年大会会場 3階303号室
                      (タワーホール船堀)
講演概要:
DefiniGEN社では、同一のIPS細胞を出発点とし、一方をゲノム編集により疾患化、
もう一方を健常人細胞として、同一の分化誘導プラットフォーム
(国際特許のOptiDIFFプラットフォーム)に乗せた、疾患モデルの有無のみが異なる
isogenicコントロールを提供しています。これらは、希少疾患を中心とした探索プログラムと
フェノタイプスクリーニングに広く活用されはじめています。
 
本講演では、ゲノム編集とIPS分化誘導を組み合わせた新たな疾患モデル
細胞作製に関する技術情報とグローバルファーマを中心とした受託プロジェクトの
概要についてご説明されます。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「CBI学会2018年大会」に弊社展示スペースを設けております。
ブース番号:7番 にあわせてお立ち寄りください
詳細はこちら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
◆CBI学会2018年大会のホームページはこちら
◆弊社創薬研究用サイトはこちら
◆製品に関するお問い合わせはこちら
◆DefiniGEN製品・サービスのメーカーホームページはこちら

創薬支援専門サイト

3月9日は試薬の日

ニュースリリース